2016年5月アーカイブ

私が出産をした時に親戚からもらったミキハウスのおくるみがかなり重宝したこと、値段も3,500円ぐらいと手頃だったことから、次に友人が出産した際には、プレゼントとして贈りたいなと考えていました。


そして友人が出産することとなり、おくるみは自分で用意してしまっていることも考えたのですが、ひざ掛けなどとして重宝すると思いましたし、赤ちゃんはおっぱいの吐き戻しなどもあり、洗い替えがあった方が良いと思って選びました。


ミキハウスのおくるみは、洗濯機でも洗える素材で、色落ちもしなかったですし、デザインもミキハウスのキャラクターが入っていて、とても可愛い物でした。

質もしっかりとしていて、何年も使うことができたので、友人にも選んだのです。


結果として喜んでもらえ、友人の赤ちゃんが外出時にはベビーカーでのひざ掛けとして活躍しているようでした。

ミキハウスのキャラクター物が苦手という人に贈るのは避ける方が良いと思いますし、友人はそういった可愛らしい物も使うタイプだと思ったので大丈夫と判断したのですが、大正解でした。


肌寒い時は薄手の毛布としても使えますし、ベビーカーで車内でと活躍の幅も広く、こういったタイプのおくるみは一枚あったらとても便利だと感じました。

世界のトップデザイナーから絶賛され、英国王室のキャサリン妃も愛用していわれる、英国スコットランドの老舗ブランドであるジョンストンズ。

ニットを得意としたブランドで、その中でもカシミアとウールは有名です。

日本ではカシミアの製品がとても有名です。

デザインがシンプルで、系統はキレイ目といったところで、色々な着こなし方が出来ます。

流行り廃りに関係無く、いつの時代でも着ることが出来、また品質も高いので一生使えるアイテムとなるでしょう。

品質が高いので値段も張りますが、それでも他のブランドよりかは値段は安いと言えるでしょう。

暖かくて、柔らかな肌触りが気持ちよく、精神的にも癒されそうです。

ジョンストンズは1796年にスコットランドのエルガンで創業しました。

正式名称は「ジョンストンズ オブ エルガン」

200年以上に渡って、カシミアなどの上質な生地の素材を作って作り続けています。

スコットランドは水がとても綺麗なことで有名であり、そんなジョンストンズは水へのこだわりがあります。

上質な素材と上質な水によって染め上げられた製品は何年経っても色あせずにその美しさを輝き放ち続けます。

日本には1980年に上陸し、その素晴らしい品質によって、センスのある人達を魅了し続けています。

ジョンストンズのこだわりの伝統は200年間受け継がれ、完璧なものを求め続ける姿勢は全くブレることなく、妥協せずに作り続けています。

エルガンとホーイックに工場があり、糸の段階から製品まである約30の工程を全て自社で行っているというスコットランドでは唯一の一貫生産を行っています。

そんなジョンストンズだからこそ、安心して着られ、いつまでも愛され続けてきているのでしょう。

今年の冬に限らず、来年でも再来年でも何年後でもジョンストンズによって冬を楽しめるのは間違い無しです。

ジョンストンズ(Johnstons)通販専門店|Scots-Stole

このアーカイブについて

このページには、2016年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年10月です。

次のアーカイブは2016年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。