小規模災害時に必要なものは電気

| コメント(0) | トラックバック(0)

大規模な災害になると、生きるために必要な水や食料が必要

になります。国内の他の地区や国外からの物資が実際に手元

に届くまでは、どうしても必要なものです。数日分を常に保

存しておいて、消費しながら常に新しいものを保存していけ

ばいいものです。小規模な災害については、そこまで心配し

なくても、自治体の避難所で支給されるのでなんとかなりま

す。そこで、次に必要になってくるのは、そこまで必要はな

いが、困ってくるもの。停電で使いたくても使えなくなった

携帯電話ではないでしょうか。とりあえず携帯電話があれば

緊急時の連絡ができます。ライフラインの復旧は、比較的早

く解消されていますが、とりあえず連絡したいときに便利な

電話に電気がない場合とても不便です。こんなときのため

に、太陽光発電の充電器がとても役に立ちます。できれ

ば、充電式でUSBで充電可能なものが便利です。USBで

接続できる機器であれば使用できます。今の携帯電話は、高

機能なので、使えることで、災害情報はもちろん気象やニュ

ースや音楽、時にはゲームなどでただただつまらない時間を

過ごすことができます。保管に困るような大きな災害グッズ

は、いざというときに使いきれないこともあります。より、

効果的なものを持つ必要があります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://cynbydesign.com/mt/mt-tb.cgi/626

コメントする

このブログ記事について

このページは、roomofmasterが2015年5月21日 10:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マルチコプターでバランスが良く手軽に楽しめます。」です。

次のブログ記事は「脱毛クリームはそれなりに便利でした」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。